アトピーでお悩みならあとぴナビWeb通販ホーム    利用者がおすすめするあとぴナビSELECT商品(体験談)

利用者がおすすめするあとぴナビSELECT商品(体験談)

ステロイドを使いたくないから私のかゆみ対策はプルルジェル+Dがお気に入り

Y.Sさん
子どもの頃から関節などにかゆみなどのアトピー症状が出ていたものの、症状はごく軽かったそうです。皮膚科で処方されたステロイド剤を塗っており、しばらく肌が落ち着いていましたが、社会人になると急に症状が悪化。薬を塗り続けても治らないと判断してステロイド剤を中止しました。その後、活水器と濃縮温泉による、オムバス式自宅温泉湯治を始め、現在は健康的な肌を保っています。
クラシックギターに熱中する毎日
20会社勤めをされながら、趣味のクラシックギターの練習に打ち込んでいるY.Sさん。「仕事が忙しいので、朝早く起きて出勤前に練習をしているんですよ!」と、プライベートと仕事をパワフルに両立させています。「新しい曲を弾き始めるたびに胸がわくわくするんです。もっともっとうまくなりたいですね」とクラシックギターに夢中なY.Sさんですが、「実は今も指が少し痛むんです。それでも弾けるだけでうれしいですね。アトピーがひどかった頃は、手指が動かせず、痛くてギターを弾くことができなかったので…」。
Y.Sさんは、子どもの頃、ごく軽症のアトピーだったそうですが、皮膚科で処方されたステロイド剤を「まるでハンドクリームのように頻繁に」塗っていました。その頃は症状は落ち着いていたものの、社会人になると急激に悪化。「塗っても治らないならやめよう」と、ステロイド剤をストップしましたが、その後離脱症状に悩まされました。「当時は編集の仕事に就いていて、タバコの煙がいっぱいの部屋で、毎日深夜まで仕事をしていました。アトピーが悪化してからは退職し、自宅で休養していましたが、症状が全身に出て、耳の内側にまで湿疹ができたほどでした。体が思うように動かせず、顔にも症状が出ていたので、外出するときは帽子を目深にかぶって顔が見えないようにしていたんです。あの頃は本当につらかったですね」
その後、活水器と濃縮温泉によるオムバス式自宅温泉湯治をスタート。半年ほどでステロイドの離脱症状は治まりました。その後、疲れや寝不足などで一時的に症状が悪くなることはあるものの、健康的な肌を保っています。
つらい肌のかゆみもすっと落ち着きます
リバウンド症状を乗り越えたY.Sさんの、現在のスキンケアのお気に入りは、「プルルジェル+D」。「プルルジェル+D」を初めて使ってから2時間後に、「かゆみを感じなくなった!」と相談員に報告のメールをくださいました。
「『プルルジェル+D』を使い始めて、1カ月半ほど経ちました。以前はかゆみがひどかったのですが、今は『プルルジェル+D』を塗っているので大丈夫。小さい容器に移し替えて、会社にも持っていっているんですよ」
ご自宅に活水器を設置しているY.Sさんは、外出先で手を洗うとき、水道水がしみてピリピリするそうですが、そんなときも「プルルジェル+D」を手につければ落ち着くといいます。「箱根の源泉をスプレーボトルに入れ替えて、スキンケア用に使っているのですが、スプレーした後に『プルルジェル+D』をつければ完璧ですね。家ではお風呂上りに顔や体に『プルルジェル+D』をつけています。こってりしていてとろみが濃いので塗りやすく、乾燥を防いでくれるので肌がしっとりします」
今は普通に主婦の仕事ができることが一番の幸せ
会社勤めと並行して、家業のお仕事のお手伝いもされているY.Sさんは、「汗をかかないと治らないから」と元気に飛び回り、自宅では得意の料理の腕を生かして、栄養にも気を配っています。
「アトピーになってから、体が思うように動かせず、やりたくても出来ないことがたくさんありました。症状が落ち着いた今は、仕事も家の手伝いも、趣味も料理も、精一杯やっています。ギターは、いつか一人でコンサートを開くのが夢。情熱だけは誰にも負けないつもりです!」。ギターの話をするとき、目がいきいきと輝いていたY.Sさん。夢が実現する日が楽しみですね。
従来のPululu ジェルを改良しました。天然の植物成分「ディフェンジル」を高配合。肌の不快な症状を和らげ、肌への刺激が平均 64 %減少したというデータがあります。従来品よりも、内容量も50 %増量。たっぷり使えます。
→一覧へ戻る
商品カテゴリ スキンケア(33) バス(17) 濃縮温泉・入浴剤(16) キッチン&サニタリー(2) 浄水器(7) サプリメント(7) ナチュラルフード(55) 衣類・寝具(65) ミネラルウォーター(4)
あとぴナビ
新規会員募集
会員ログイン
ログイン情報をご入力ください。
メールアドレス
パスワード
パスワードをお忘れの方 ログイン